SEになる心構え

女性エンジニアの需要が高まっている状況は続いているものの、SEへ転職したいと考えている女性は心構えを作っておく必要があります。
どこでも高いニーズがあるというわけではなく、現状として活躍している女性が多い分野は限られているからです。

今はまだ女性エンジニアの活躍が目立っていない分野でも努力を続けて男性と競争する覚悟があれば大きな成果を上げられる可能性もあるでしょう。
しかし、プライベートを充実させたいと思うと厳しい道のりになるリスクもあります。
女性エンジニアが既に活躍していて、現場から頼りにしてもらえる業界を選ぶか、競争を繰り広げて勝ち抜く努力をする覚悟を持つかは早めに判断しておいた方が良いでしょう。

SEへ転職すると仕事にスピードを求められるようになり、育休などを取得して長期の離職をするのがあまり良いことだとは思われない傾向があります。
結婚して子供を産みたいと思っている女性の場合にはワークライフバランスの整え方も検討する必要が生じるでしょう。

仕事だけでなくプライベートも充実させるためには夫の協力や保育園の活用なども十分に検討することが大切です。
その下準備も整えた上で競争の激しい業界でエンジニアとしての成功を目指すか、女性という立場を生かせる業界で働く道を探すかを考えるのが無難でしょう。

どちらも最終的には成功を勝ち取れる可能性があるので、自分なりのワークスタイルを考えた上で選ぶことが重要です。