そもそもITエンジニアとは?

さまざまな場面でデジタルプログラムが活用されている今、IT業界への転職を考えている女性が増えています。
ここでは、これから転職への一歩を踏み出す方のために、エンジニアについてご紹介します。

そもそもITエンジニアとは、インターネット関連の専門知識や技術を備えた人材全般を指します。
その中でさらに「システムエンジニア(SE)」「プログラマー(PG)」「インフラエンジニア」「ネットワークエンジニア」など業務や立場ごとに区別されています。
キャリアアップの過程としてPGからSEへ転職・昇進することも多いです。

先述のように、エンジニア職は高度な専門知識が求められるため、難しそうな印象を受けるかもしれません。
ですが、IT業界が人材不足に悩まされている今、未経験でも転職できるように多くの学び場が提供されています。

例を挙げれば、空いた時間で学べるフレックス制プログラミング教室や、無料で講習を受けられる若者向けスクールなどです。
卒業後はIT専門の転職サイト・サービスなどもありますし、中には就職支援まで継続して行ってくれるスクールもあります。
専門講師のアドバイスを受けることで、適性に合った職場選びができるでしょう。

IT業界の技術は年々進化しており、仕事で活躍するためには常に学び続ける姿勢が必要です。
その分、女性エンジニアでも実力が認められやすく、とてもやりがいのある仕事です。
転職を考えている方は、参考にしてみてください。