増えてきている女性SE

SEへ転職を目指すという女性エンジニアやプログラマーが増えています。

日本におけるビジネスの現場にいえることとして、女性の数が絶対的に足りていないということが挙げられます。
女性の不足の問題については、以前からいわれ続けてきていることですが、一向に改善の傾向が見られていないことも、現実であり、国家レベルで取り組むべき課題としてクローズアップされているのです。

とはいえ、ここに来て徐々にではありますが、女性エンジニアやプログラマーの台頭が見られるようになってきました。
たくさんの人材が必要とされるIT関連業界や情報通信事業者にとっては、好ましい傾向といえるのではないでしょうか。
これからも加速していく人工知能やビッグデータ、フィンテックなどに向けても頼もしい限りです。

むろん、全ての女性がエンジニアやプログラマーなどのIT技術者としての適性があるかどうかについても疑問です。
パソコン操作が得意であっても、プログラミング言語の理解も含めたネットワーク環境への柔軟な対応ができなければ、即戦力としての活躍は難しいといえるでしょう。
まずはSEの詳しい仕事内容を把握して自分に向いているのか考えてみることが大切です。

一方、IT技術者として女性を受け入れる企業の多くが、研修会や講習会などの十分な機会を設けることができないというのが実情であり、できる限り教育や育成の期間を短くしたいというのが本音です。
元来であれば、新入社員と同様のスケジュールやカリキュラムを組んで育て上げるのが理想的ですが、そこまでの余裕がないのが現実なのかもしれません。